すぐに売却する

銀行に預ける

現在は、亡くなった方から引き継いだ不動産を積極的に売ることがトレンドとなっています。 インターネットで情報の送受信が簡単になってからは、不動産を競売にかけることが容易になったからです。 不動産を売却するときにはそのための知識が必要になりましたが、インターネットがあればそのようなものも必要ありません。 相続によって引き継いだ財産には、当然不動産が含まれることがあります。 相続によって財産上の価値のあるものを継いだ場合には相続税をきちんと納めなくてはいけません。 不動産売却によって現金に換えることができればそのためのお金を簡単に捻出できるため、このような方法が流行っているのです。 そのため、相続をしてからすぐに不動産売却をしても構わないのです。

相続によって引き継いだ不動産を売却するときには、その手続きを専門の弁護士に任せたほうが賢明です。 なぜかというと、不動産売却によって一定以上の利益が出てしまうと譲渡所得税というものを支払わなくてはいけないからです。 この譲渡取得税には二つの種類が存在します。 それは、短期譲渡取得税と長期譲渡取得税です。 実は、相続で得た不動産は長期的に保有したとしてもそれを売却したときには税金を支払わなくてはいけないことがあります。 不動産売却による利益の税金は、短期と長期によって基準が異なりますが税金を納めなくてはいけないことに違いはないのです。 そのため、相続して不動産売却を行うときには税金などの手続きを代行してくれる法律家がいたほうが良いのです。