中古の場合

お金の問題

中古マンションは新築物件に比べて物件数が多いのが特徴で、近年その数は増加しています。 そこで中古マンションを購入する際の注意点について説明します。 まずは築年数を確認することです。築年数が長いと耐震性などに問題があることがあるので注意が必要です。また意外に知られていないのが修繕費の積み立てのです。マンションを購入すると修繕費という費用を積み立てることが必要となります。しかし、中古マンションの場合購入してすぐに補修工事が行われることになると、その積み立て費を多く請求されるケースもあります。よって購入する前にきちんと確認をすることが必要です。 以上のようなことに注意をして物件探しをすることをおすすめします。

近年日本は人口が減少傾向にあります。これにより空き住宅が増えているのも事実です。中古マンションも多く販売されており、バブル時代ベットタウンだった街では入居者が決まらず何年も買い手がつかないことも多くあります。不動産会社はマンションの価格を下げる傾向にあり、郊外の中古マンションの場合かなり安く買うことが可能となっています。 よってこれからマンションを購入しようと検討している方はぜひ郊外の中古マンションの状況も確認してみることをおすすめします。中古マンションは自分で改装することも可能となっていることが多いので自分でその費用を負担してもかなり割安に購入できるケースもあります。 以上のことを知っておくことでより経済的にマンションを所有することができるでしょう。